商標登録と会社名、保護される商標の対象物

よく印刷物に、商品名とRを丸で囲んだマークがついていることがあります。これは商標登録されているという印です。
このRマークを付けるのは、アメリカの商標法によって始まった慣習です。
商標登録はこのように実は身近な制度で、私たちが知っている大企業の社名やブランドなどは、ほとんどが商標登録されています。
ここでよく問題になるのが、会社名を商標登録すべきかどうか、ということです。
会社を設立する際には法人登記というものを行います。この際に会社名(商号)も登記されます。
以前は商号を登記すれば、同一市町村内で同じ会社名の会社を設立することはできませんでした。
しかし、会社法の改正により、同一市町村内で同じ会社名の会社を作ることができるようになったのです。
ということは、商号登記だけでは、御社と同じ名前の会社が、同じ地域に登場しても文句を言えないのです。
これでは取引先が混乱したり、同じ名前の会社に悪い評判が立つと、御社の評判も悪くなってしまう、ということになりかねません。
さらに、御社のほうが先にその商号を使用していても、同じ商号を使って後から設立した会社が商標登録してしまえば、逆に御社が商標権を侵害した、ということになってしまうのです。
そこで、会社名を商標登録することをお勧めします。こうすれば同一市町村にかぎらず、日本国内で御社と同じ、あるいは類似した名前の会社が登場することを防げます。
逆に、これから会社を設立しようとする場合には、会社名がすでに商標登録されていないかどうかをチェックする必要があります。
もし商標登録されている会社名を使ってしまうと、商標権の侵害として損害賠償を請求されたり、すでに制作した看板や商品の箱、封筒などが使えなくなってしまうおそれがあります。
ところで商標登録の対象物は何でしょうか? 一般的なのはブランド名や社名などの名称です。
その他にもロゴや図形(イラストなど)、図形と文字の結合したものなども商標として保護されます。
一方、においや味は日本では商標登録の対象になっていません。音や色については法改正により、今後保護されることになっています。
音というのは例えば企業のテーマソングなどが該当します。

関連する記事