商標登録を自分で行えるか、保護される期間は

商標登録には費用がかかります。そのため、コスト削減のためにご自分で商標登録の手続きをしたい、という方もいらっしゃいます。
ご自分で商標登録の出願をすることを自己出願といいます。ただ、十分な知識がないと、思わぬ失敗をしてしまう可能性もあります。
例えば商標登録では、指定商品または指定役務を指定する必要があります。
これは、その商標をどのような商品やサービスで利用するのか、ということを指定することです。
登録された商標はその範囲内で保護されるので、自己出願をしたが指定商品や指定役務の仕方が悪かった場合、商標権が目的通りに保護されない、ということもありうるわけです。
やはり商標登録の手続きは、弁理士などの専門家に任せるのが無難です。
最近ではインターネット上にホームページ(ウェブサイト)を開設したり、オンラインショップを運営するという企業も多いです。
その際、独自ドメインを使うことも多いです。独自ドメインはSEOに有利だったり、自由なサイト運営ができる、自社の財産になる、URLを覚えてもらいやすいなどのメリットがあります。
ただ、ドメインというものは、基本的に早い者勝ちで、先に申請した人が取得できてしまいます。
そのため、不正な目的を持った人が、御社の社名やブランドのドメインを取ってしまうこともありえます。
最近では不正な目的で取得されたドメインは紛争処理機関に申し立てることにより、不正なドメインを取り消してもらったり、移転してもらうことができるようになっています。
その際にも、商標登録している、ということがとても重視されます。そのため、自社に関する不正なドメインを利用されないために、商標登録しておくことはとても意味があります。
ところで商標登録の効果はどれくらい続くのでしょうか? 登録日から10年効力が続きます。
そして、更新するごとにその期間が延長されますので、永久的に商標権が保護されることになります。この際、手数料や印紙代が必要となります。

関連する記事