商標登録と更新などの解説

相手方から何も言ってこないので、軽い気持ちで他者の商標を使ってしまう、ということもあると思います。
しかし、商標権を侵害すると、損害賠償などの民事上の責任だけでなく、刑事責任も問われてしまいます。キャプチャ3
具体的には商標法に規定があり、10年以下の懲役や罰金が課せられてしまいます。
このように商標権の侵害は重い犯罪でもあります。軽い気持ちで行ってしまうと、その人の人生を狂わせてしまうものなのですね。
さて、商標登録をすると、基本的に10年間、その商標権が保護されます。しかし例外として、5年間という場合もあります。
これは、10年分の登録料の半分だけをまずは納入して、5年間の保護を受けるという制度があるからです。
この場合には、10年間保護されるつもりが5年で切れていた、ということになりかねませんので、注意が必要です。
それでは、気づいたら商標登録の更新が過ぎていた、という場合にはどうすればよいのでしょうか。
まず、存続期間の満了日から6カ月以内であれば、更新手続きができます。ただし、登録料が倍かかってしまいますので、金銭的には損をしてしまいます。
その後も6カ月間は、特別に復活期間が設けられています。ただし災害にあったなどの正当な理由がないと、認められません。
そうなってしまうと、新たに商標登録し直すしか方法はありませんので、とにかく更新を忘れないようにすることが大切です。
さて、商標登録の出願をしても、登録が認められないこともあります。その代表的な例を挙げてみましょう。
まずは他者の登録商標とその商標が類似していて、かつ指定商品または役務も類似している場合です。
これは似た商標が登録されてしまえば、先に商標登録した意味がなくなってしまうからです。

また、普通名称も普通に用いられる方法では登録されません。例えば、スポーツとしてゴルフを登録しようとしても、ゴルフは普通名称なので登録されませんが、これが自動車の名前であれば、普通に用いられる方法ではないので、認められるというわけです。
商標登録とは、商品の名称や会社名、ブランド名などを登録することで、他者に不正に使用されることを防ぐ制度のことです。
もし商標登録の制度がなかったらどうなるでしょうか? ある人がお金と長い年月をかけて作り上げたブランドが、関係のない第三者に盗用されてしまいます。
消費者にとっても、どの商品やブランドが本物なのか、わからなくなってしまいます。
よく高級ブランドバッグなどの違法コピー商品が摘発された、というニュースが流れますが、これもそのブランドが商標登録によって守られているからなのです。
ところで商標登録を利用する際には、ぜひとも知って置かなければいけないことがあります。
それは、日本の商標登録では、先願主義が原則として採用されている、ということです。
先願主義とは、先に出願した者に商標を使う権利を与えるという考え方です。もう一つ、先使用主義という考え方もあります。
先使用主義とは、先にその商標を使っていた者に商標権を与えるという考え方です。
商標というものはビジネスにおいてとても大事なもので、利益をもたらしてくれる存在なだけに、商標について争いが起きることがあります。
その場合、ある商標をA社とB社が自分のものだと主張した場合で、A社が先に商標登録の申請をしたとします。
この場合、日本では基本的にA社に商標権が認められるのです。
もし実際にはB社がこの商標を考案して、先に使っていたとしても、基本的にはA社に商標権が認められてしまいます。
そのため、商標に関する権利を保護したいのであれば、出来る限り早く、商標登録の手続きを済ませないといけません。キャプチャ11
商標登録を行うには、弁理士や商標登録に詳しい弁護士に依頼することになります。
手続きには時間も手間もかかりますが、大事な商標を守るためには、コストパフォーマンスの高い制度といえます。
また、商標登録をすれば、その商標だけでなく、類似する商標も保護されます。このように商標登録をすればメリットが多いですので、ぜひ利用したい制度です。

新着情報

◆2014/10/24
商標登録と更新などの解説の情報を更新しました。
◆2014/10/15
企業概要の情報を更新しました。
◆2014/10/14
商標登録にかかる期間、出願中の商標は保護されるかの情報を更新しました。
◆2014/10/14
商標登録はブランドを育てるための第一歩の情報を更新しました。
◆2014/10/14
商標登録と会社名、保護される商標の対象物の情報を更新しました。